FrontPage

結婚調査 結婚前身元調査 住民票取得に代わる情報照会とは

結婚調査・身元調査に応用できる住民票(除票)取得に代わる情報照会は、主に探偵会社、興信所が情報の取得を代行してきました。第三者の住民票や戸籍謄本などを基に家族構成・家系図の作成、婚姻暦の確認、また除票・附票による新住所検索確認等に応用されてきました。

また、興信所が行う結婚前身元調査の方法は上記のようなデータ検索・住所検索に頼らない結婚前身元調査法には電話や訪問での聞込み取材による方法が業界の間でも幅広く応用される手法として知られていますが、行政法や刑法にまで抵触するような強引な手段で公簿類が不正取得されてきたことで、現在の探偵社や興信所は厳しい状況にあるのが現状です。

  • 第三者の住民票(除票)や戸籍謄本などが入手できることで以下のような調査の依頼を受けることができる
    • 結婚前身元(身許)調査-家族構成、婚姻暦の確認や家系図を作成できる
    • 浮気調査-浮気相手の身元個人情報、生年月日などの個人データ、家族構成、婚姻暦などが確認できる
    • 住所(検索)調査-知り合いの突然の蒸発、知らない間の移転、長期間あっていない友人知人や家族、親戚の新住所確認や死亡届の有無の確認他

などが挙げられます。


身元調査の代表格結婚前調査

結婚に関する身元調査は、一般的に結婚調査と称しています。

探偵社、興信所の方では以下の事項に十分な注意が必要になります。

部落差別に関する結婚身元調査はしないことが、原則です!

これは、探偵業法が施行されてからしないようになってきている感があります。

結婚調査と言えば、部落調査については「わざわざ探偵や興信所のプロにまで頼んで結婚の相手方の身元を調べているのに」と、この部分の事前に調べることを外せない暗黙のルールみたいなものがありました。

しかし、探偵業法施行により業法の規約の条文中にも「部落差別に関する身元調査を行ってはならない」とされています。

いかなる場合も秘密を死守することが原則です!

聞き込み取材の際に、探偵もしくは興信所であることを明かしての情報入手などは絶対に行ってはならないことですが、バレてしまうような結婚前身元調査技術では探偵とはいえません。

興信所などは結婚に関することで結婚相手の身元情報を探るわけですから誤認調査は避けたいところです!

結婚対象者の身元情報を勝手に盛り付けた内容を含まないようにしなければなりません。

例えば、一つの得られた情報から想像だけで身元情報の報告書を誇大な内容になってしまうようなことを避けなければなりません。

依頼者は、当人同士の交際の程度を調査員に説明し、特にどのようなことが知りたいのかなどを伝え、それによって結婚前身元調査の難易度や期間などが異なってくるため、それに伴って料金なども変わってきます。

また、「結婚調査」をすることそのものが差別であるとの風潮がありますが、戸籍に関する法律も無視できません。

誰でも物事を知って選んでいるわけであり、交際するにも相手を知ることから始まります。

それに結婚ともなると親同士の付き合いが加わり、親戚から小孫にまで及ぶことになりますから、事前にしっておくことは大事なことになります。

かと言って、そこから差別問題につながる意識が出てきてはいけません。

また、誤認調査がもとで、結婚前調査したことが相手方にわかってしまい、婚約破談なってしまったということも耳にします。

探偵社や興信所は、自分の身内から頼まれたような心構えで慎重に取扱うことが肝要です。

過去の住民票や戸籍謄本の不正取得事件ニュース

2011/警察官の戸籍謄本などの公簿を不正に入手した事件を捜査している愛知件警は、12月2日、探偵社の代表ら容疑者5人が共謀して、本人の同意なしに戸籍謄本や住民票を司法書士等が取得できる「職務上請求書」を偽造し、他にも愛知県内の女性の戸籍謄本を不正に取得した疑いがあるとして、有印私文書偽造や住民基本台帳法違反などの疑いで再逮捕した・・・

2007/三重県の行政書士が511件の戸籍謄本など公簿を不正取得した事件。三重県の行政書士が短期間に大量の職務上請求用紙を使用していたたため、不審に思った行政書士会が調査し、県に報告。県の再調査によって、不正の事実が発覚した・・・

2005/兵庫県と大阪府の行政書士三人が「職務上請求書」を悪用し、戸籍謄本など約4,000件を不正に取得した事件です。京都地裁で係訴中の裁判資料(業務日誌)の記述から、人権擁護団体が事件を認知しました・・・

他にも住民票や戸籍謄本の不正取得関連の事件は多数あり、このような事件が後を絶ちません。

結婚前に相手の身元情報の入手のため第三者の住民票(除票)・戸籍謄抄本・原戸籍・附票などが取得できる場合

  • 探偵や興信所・弁護士など取得代行を頼らずに自分で他人の住民票(除票)交付を受ける方法での結婚前の身元調査
    • 委任状を提出する
    • 対象者との間に利害関係の問題を残している場合、それらを証明することで取得可能です
  • 法律家に公簿類の取得を代行してもらう方法での結婚前の身元調査
    • 遺産相続などの場合―行政書士
    • 利害関係・不貞問題・結婚前身元調査・詐欺事件やその他の民事事件や刑事事件がからむ場合―弁護士
  • 探偵・興信所に住民票取得代行してもらう方法での結婚前の身元調査(要注意!)
    • 結婚身元調査・不貞相手身元調査・雇用調査などのために探偵や興信所でも住民票や戸籍謄本等取得代行をおこなってもらえることはあります。しかし、探偵や興信所に住民票の取得代行を依頼しておけば、安心と言う訳ではありません。

これからの依頼者の結婚に関することだからと、探偵や興信所の住民票の取得法は探偵だからと言って、法律家のような権限(職務上請求が可能)があるわけではありません。探偵業法ができてから(探偵業法に準拠している探偵社や興信所なら安心)と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、実はまったく正反対で「探偵業者は住民票や謄本などを役所に請求してはならない」と公安委員会からの規制がかかっています。

結婚相手を調べるためとはいえ、一般者が第三者の住民票を該当の役所に対して直接請求する方法としては「利害関係が証明できる」か「委任状を添える」でなければ、請求が受理されませんが、探偵や興信所が取得を代行しても一般者同様の条件になるので、これらの条件を強引にクリアするために証明書類の偽造や委任状の偽造などによる不正取得を試みる方法か、正当な取得法としては行政書士ではなく弁護士を経由して取得代行するしか方法がありません。つまり、探偵や興信所で「住民票取得代行します」と謳っているところはこのいずれか方法で取得代行を可能にしている実態があるのです。

事前の準備で対象者の本当の姿を的確に把握します

※ご安心ください!HAL探偵社は公安委員会から認可の登録業者です!
  違法な調査は一切行っておりません!

HAL探偵探偵社公式サイト

1 自称にウソ・偽り・詐称がないか裏付け確認を行います

2 相手に一切気づかれることなく普段の行動や素行を記録します

調査報告書

3 生い立ちから経歴など身辺・身元調査します

どこまで調べるか、そのためにどれくらいの調査期間が設けられるかによってかかる費用が違ってきますが、上記3項目の中の一つでも調べておくかどうかだけでも対策になりますから、まずは見積りを出してもらい、予算に合わせた調査だけを行うこともできます。

ご相談・お見積もりは無料! 調査を検討するなら

↓  ↓  ↓

HAL探偵探偵社公式サイト


>>
「もしかして?」と感じ始めたときには手遅れ・・・?
成功報酬の優良探偵社結婚詐欺対策